■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 時間泥棒ー  /2008年12月22日(月)
・・・はっ!?
年賀状用に着物を見て回ってたらいつの間にか時間が過ぎてるぞ!?
(まあ他の事もやってたけど)

和服には魔力があるよ・・・ていうか眺めてるだけで満足しそうだよ・・・。
いかんいかん。目的を見失うな。
うーわーでもやっぱいいなー和服。
個人的にはどちらかというと色がまとまってる方が好きなんだけど、
和服の柄って本当多彩だよなあ。
こんなに華やかで大胆に柄入れてる民族衣装ってあんまりイメージ湧かん。
というか植物とかそういうのを柄に入れてるってのがあんま無い気がする。
着方も洋服とは違うし、やっぱ島国だったからこその特殊性なんだろうか。

とか色々語りたくなってるのはもうすぐ新年だから、というだけでなく
異国迷路のクロワーゼ 1 (1) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)異国迷路のクロワーゼ 1 (1) (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)
(2007/12/08)
武田 日向

商品詳細を見る

この漫画のせいだな。

某古書店でちらっと見かけて背表紙が綺麗だったので手にとって見たんだが、
(実際には本屋で定価で買ったよ)
ツボすぎた。
ユネ可愛すぎだから!何かもう色々と犯罪的だから!
和服って凄えよ・・・少女なのに妙な色気が出てるよ・・・。
つーかもう画面が美しいったら!
トーンはあまり使ってなくて白黒的な印象が強いんだけど、凄え綺麗。
そして建物とか緻密すぎる。
あと何と言っても着物が上手すぎる。
こんな風に描けたら・・・!
個人的には後姿の色っぽさにくらくら。
前だけでなく後ろが魅力的な服って素晴らしい。
アリスの髪も凄え・・・でもちょっと描くの楽しそう。

絵だけでなくお話も好き。というかユネが可愛(だから分かってるから)
国それぞれの考えの違いとかも当時はこんなだったんだろうかなーとか読んでて面白い。
お国柄ってやっぱあるんだなあ。

という事で隠れた良作だと思う。
あと和服好きは是非。特に興味が無い人も
これを読んで和服に目覚めて下さい。
(何を要求するか)
2008/12/22(Mon)01:20
マンガ・小説等トラックバック(0)コメント(2)
<<あちらで告知されたので │ HOME │ テンション下げなさい>>
目覚めるまでもない(覚醒済み)
日本はただの島国じゃなく、位置関係的に文化の終着駅でもありますからね。さらに国土の実に七割が山地という条件から、文化の受け入れと独自の発展、そこからくる多様性にかけては、他国の追随を許しません。

そして和服について。日本は水が良いので、非常に染物に適した環境です。その為、柄を入れる技術が発展したものと思われます。対して西洋なんかは、刺繍その他で色々と飾りを付け加えていく方向に発展しましたね。
着方については、明確な四季と高温多湿な気候が、あの形状へと進化を促していきました。つまり、胴を冷やさず手足は涼しくと。

こういった条件から、日本の特殊性は育まれていったわけです。
伊達に遺伝子レベルでOTAKUとHENTAIが刻まれたわけじゃないんですね(一気に胡散臭くなったな)


閑話休題。
湯音は俺の看板娘!……とは言えんなあ。旦那さまとの組み合わせが微笑ましすぎる。

ええ。目覚めていたからこそ、早々に手に取ってましたが何か?
12/22コメれす
>サトチー様
ちょっ、何ですかこの考察・・・(笑)!!
勉強になりました。なるほどー。
環境の違いってのはこうも違うんですね・・・。
詳しく有難うございました!
ユネとクロードええですよね!可愛え可愛え。
ああいう関係も大っ好きなのでにやにやです。
ユネのわんこっぷりとかもう・・・もう・・・!
そしてサトチーさんの目ざとさにもいつもビビらせて頂いてます・・・凄えな。
2008/12/23 15:00 │ よたく行幸 #4DOcPobI[ 編集]
  管理者以外には内緒です

http://jotoya.blog24.fc2.com/tb.php/1073-a896634c
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。