■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 ねこまつりまでの道程~仙里算総眼図の道も一歩から~③  /2009年04月30日(木)
オフ会についての記事と言いつつそんなに書く事なかった!(おい)
あとは終わっての感想とかそんな感じ。
各自の印象等についてはまた別記事で。あと他記事のレスもまた後で。
○退出の時は一部の方が出待ち待ってらっしゃったので合流。
具体的に言うと木林さんとシルビアさんと心太さんとろ~ぜさん。
カラオケまでは時間があったので1階ロビー辺りでこの後どうするかなど話し合い。
でもそんなに時間経たない内に「もう会館閉めます」宣告をされる。
しかし自分のHPは回復していない!
行き先も決まっていない!という事で会館の前で座り込んで
ついでに行き場のないダンボールを千切っては投げ・・・てないけどゴミ袋に。
○その姿があまりに弱弱しかったのか、弟に心配される。
ついでに皆さんにも手伝って頂く(むしろバトンタッチ)
いつもすまないねえ・・・。(本当にダメだなこいつ)
しかもゴミ袋も持って頂いてしまったというもう何か本当にすいません!
○と、バギさん他数名はこの時間でお土産を買いに。
自分は前日に弟に買わせていたのでのんびりコーヒーでも飲むグループに。
というか土産見て回る体力は無かった。
○という事で二手に別れ。ほとんどはのんびり側だったが。
つーか弟が本当に男1人という何ともな状況。
まあ隣に自分がいたから性別の孤独感はなかったろうけど。
ここでは心太さんやCHIKAさんや木林さんやシルビアさんとお近く。
つーても序盤はやっぱり体力無かったので元気無かったけど。
弟にコーヒー買いに行かせたし。うんまあいつもの事っすが。
○でまあ、どこから来たとか何か色々話しつつ(マジで詳しくは覚えてねえ・・・ダメだ)
てか今考えたら結構近場に住んでる方同士がまとまってたような?
○そういや弟がゴディバのお酒か何かを持って来ていたような。
何故持ってきたし。
○んで、ここで自分も体力回復して来たので一安心。
移動してシダックスへ。もうほとんど集まっているよう。
つーか男ばっか(笑)こっちは女の子ばっか!凄い偏りだ。
○そして弟がナチュラルに男性グループに紛れ込み。
お前何でそんな馴染んでんだよ!
○残りの方も揃い、中へ。ここでお別れの方もいらっしゃった。お疲れでした!
○人数が20人程だったので2部屋に。
エレベーターの関係で大体前半乗り込み組と後半乗り込み組で分かれ。
○バギさんとシルビアさんと自分と弟は2時間位の参加だったが楽しかった!
自分は基本的に他人の聞きたいタイプなので1曲位だっけか、入れたの。
とりあえず一発芸として、とかちを男声女声で入替で。
つか土塚オフで入れられる曲ってある程度知ってるから
わざわざ入れなくても、という気がするんだよな。
勝手にノリます。そして勝手に歌います。
○つかやっぱ皆歌上手いなあ・・・もっといたかった!
○しかし無常にも時間は過ぎる。
という事でバスに間に合うように退室。
帰りに当然の事ながら女性をハグらせて頂く。(当然て)
男性は握手。まあ正直撫でさせて頂きたかった気が無きにしもあらず。
あと一部で握った手同士をこつんと重ね合わせる挨拶が勃発。
これは新しい挨拶だぜ・・・!(もう凸缶。企画終わりなのに)
○んで、特に迷う事もなく梅田へ。
シルビアさんは別のバス乗り場だったので途中でお別れ。
こちらもバス乗り場について乗り込み、メールを打ったりしてから就寝。
○朝は新宿でバギさんと別れ。
ハグ&拳の挨拶(しかも両手同時)をやる。何だこりゃ。
○んで、弟と電車に乗り込み、地元の駅に着いた後朝食を食べて帰り。
午前中休みを取っていたのでそれまで寝る。ぐてり。
以上、オンリーまでの流れでした。
以下、総感想。


まず、ほんっとーに皆さんお疲れ様でした!
どの位の人が来てくれるか本当に未知数だったんで、
多くの方にご来場頂いて嬉しかった!
あと男女比がそんなに偏ってなかった印象が強い。
これは土塚先生の作風の効果かなあ。良い事だ。
最初は意外と女性が多くて「おお?」と思ってたんだが、
段々男性比率も多くなって来て、お茶会辺りでは男性の方が多かった。
そして弟は初めての土塚界の癖に馴染みすぎだろと思った。
いくら時々話題にされてたと言っても・・・
悪い事では無いけど突っ込まざるを得なかった。

あとやっぱこじんまりとしてたせいもあるんだろうけど
フリースペースのアットホームな感じはなかなか他では無いだろうと(笑)
まず多くのイベントではああいう場自体があまり無いとは思うが、
皆普通に馴染んでる辺り凄いなと。
仲の良い人なら分かるけど、他の方もいらっしゃったし。
いいなあ自分もちょっと居てみたかったなあ。

つーか本当、売り子とか色々やっててそんなに周りに目を配れなかった。
人間ウォッチングとかしたかったな・・・。(何その願望)
でも、楽しんで帰って頂けたなら至福の極み。

あとSTAFFとしての感想は、とにかく色々あった(笑)
凸缶。としてイベント参加する時はいつも修羅場って感じだったし。
僕ここ数年、前日に寝た覚えがほとんど無いよ。
いや、そこまで働く事が出来た自分を褒めてやりたいが。
まあ・・・終わっての感想はバギさんと帰りのバスで話したのを引用すると
「後は次世代に任せる!」
という感じだろうか(笑)正直今後こういうのやるとなったら体もたなそう・・・。
フォローとかアドバイスは出来る限りするけどさ!
でも終わってみて考えると、企画が無事に進んだのは
身内びいきとかそういうのでなく、STAFFの力量だなと改めて思う。
執筆陣との連絡、会場等の手配、質問等の対応、絵や文章の仕事の早さその他諸々、
自分の本作成もあったりしたのにこの仕事量。頭が上がらん。
え?自分はほらホントやらない時はやらなかったから(最低)
やっぱあれだ、動く時はそれなりに集中して動くけど
モードが違うと全然他が手につかないというかシャットアウトしてしまう。
・・・本当すいませんな感じだけどもな。
でも本当、皆さん職人だから良い物は出来る訳だ。
そんな中に入れさせてもらって恐縮だったけど大変勉強になりました。
本当にお疲れ様でした!!!

・・・うん、書きたい事がありすぎて何かあまり言葉にならないんだが、
まだ凸缶。のアンソロの方も自分の作品について語ってないし
忘れた頃にぽつっと書くかも知れん。
ともかく、
凸缶。に関わった全ての方に全身全霊で感謝申し上げます。
土塚先生を始めとする作者様方にも深く感謝を。
貴方様達のおかけでこんなに素晴らしい方達と出会いました。
本当に、本当に皆さん有難うございました!!!
この事は一生忘れません!有難う・・・有難う!!!
(って最後のノリがアイドル引退か何かかよと自己ツッコミ。
最後まで締まらんなこいつの文章)
2009/04/30(Thu)01:26
土塚アンソロ(凸缶。)系トラックバック(0)コメント(0)
<<ねこまつりまでの道程~仙里算総眼図の道も一歩から~番外編 │ HOME │ ねこまつりまでの道程~仙里算総眼図の道も一歩から~②>>
  管理者以外には内緒です

http://jotoya.blog24.fc2.com/tb.php/1115-5e97b148
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。