■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 「ウは宇宙の梅ゼリー」を観に行って来た  /2010年12月16日(木)
お前どこにそんな時間があった。
強行してきたんじゃ!

て事で、マエタケさんのついった経由で人生初のお芝居を観に行って来たぜ!
マエタケさん(前田剛さん)は
日和の太子等やボーグのロイドさん、遊戯王のヘルカイザーなんかでお馴染みな声優さん&俳優さん。
いや自分は元々アレなゲームから入ったんでちょっと申し訳ないんだが結構そういう人いると思う。
おまけシナリオの辰人の超ツッコミがものっ凄いツボで・・・ってどうでもいいよね。
こずえさんはここで知った方なんだが、むっちゃ美人さんでしたうひゃひゃ。
とりあえず詳しくは感想で。

お芝居詳細については「タケシとコズエとブログ」で告知してるけども
あと数回だし、たぶんここ見てる人は行かないと思うんでネタバレありで感想。
つーても全貌説明ではなく、言いたい事だけ言う。
しかも装飾とかしてないから凄く見づらいけど自分メモなんで。
てかもう本当すっげえ衝撃だった!!


以下、ネタバレ感想。

・仕事帰りに荻窪「カフェジュノン」へ車で強行。
・わりとギリギリに着き(危ねええ)ローソンの地下へ降りて受け付け。
・もうだいぶ人が入っていたのでその中で空いていたテレビの近くの席へ。
客層は20代位の人がほとんど。女性率が高かった。
・受付でもらったスイーツをちょっとかじってコーヒーを頂きつつ待つ。
・この時に飲みほしておけば良かった・・・とちょっと後悔。
・真ん中がリザーブ席になっていて、その辺りに今回出演のこずえさんが立っていた。
・・・ていうか開演前に普通にいたんだけど「あの人そうだよな・・・?」と思いながら。
もうそんな所から始まっていたという訳だ。
舞台とかは無く、本当に同じ目線で演じるというのがまた面白い!
・そして8時をちょっとすぎてどう始まるんだろう・・・と思っていると、
マエタケさん登場。普通にさっき自分らが降りて来た階段から。
つまり、客として現れた。
・つーか衣装www 何つーかこう、王子だった。
・そしてそこからもう芝居は始まっていた。
ああ、そういう構成なのかー!と既に引き込まれ。
明確に始まりがなく、開演の拍手とかもなく、自然に始まる。
・マエタケさんが空いてる席に・・・ってそこ普通にお客さんいるから(笑)!
お客さんの横に座るとかいきなりどんなファンサービスだよ!
・「他のお客様にご迷惑ですから!」と諌めるこずえさん。
「迷惑か?いや何か嬉しそうじゃないか」とか言い出すマエタケさんw
うんまあ実際迷惑じゃないだろうけどそれだと話進みません!
・で、真ん中のリザーブ席へしぶしぶと。
・てかね、お二人ともほんっと声の出し方が凄え!!
張り上げてる訳じゃないのに声がよく通るし声量もあるし滑舌良いし綺麗なのに腹に響くというか・・・
下地が違うんだな・・・と本当に実感した。
マイクがある訳じゃない、スピーカーがある訳じゃない、普通にそのまま出してるんだよ。
こちらと同じ条件でああも違うのかと。
一応さ、声に関して興味がある身としては次元が違うと認識させられたよ・・・。
・あとこの芝居のマエタケさん美声モードすぎて噴きそうになった。あまり聞いた事のない感じ。
普通ではないんだが、アニメみたいにキャラ声って訳でもない、中間。好青年すぎる。
これは演じたキャラのせいもあるかも。世間から浮いてる感じ。
・こずえさんは逆に、本当に普通にいそうな役なのもあって喫茶店に溶け込んでる感じだった。
でも、すっごい通る声。わりと強気な女性で叫んだり呆れたりめまぐるしく変わってたけど、
無理して出してる感じじゃないのにあの張りのある声・・・!
・おっと話を戻そう。
まあそんな訳でマエタケさんが何故喫茶店に来たかというと、
「梅」を味わいに来たそうな。でもここ喫茶店ですよ?売ってませんよそんなの!
ちなみにここら辺で名前が。「キャプテン サンシャイン」だそう。何だその名前w
・でまあ梅は売ってはないけど、喫茶のマスターが個人的に漬けてるのがあるんで特別料金で。
・しかし、これではない!!
・キャプテンサンシャインが食べたかったのは、日向美月(みずき)さんの梅。
その美月さんは、こずえさんの役、日向満月(みずき)さんのお祖母さんらしい。
というのが明かされるには段階があって、
キャプテンサンシャインは時間を旅出来るという事を説明されたりして。
タイトル通り、SFっぽい展開。
本当はもっと過去へ遡って本人に会うつもりだったのに
音声で聞くと祖母と孫で同じ名前だったせいで
2010年へ来てしまった、ミスだった、というような事も。
・まあそんな事を話されても普通は信じられませんね。
完全に嘘だと思ってる満月さん。
てか、満月さんの知識がディープすぎて噴くわ(笑)!
映画やら実写やらアニメやら詳しすぎる。特にSF映画。
あとキカイダーとか説明された時には流石にヤバかった・・・声に出して笑うかと思った。
・とまあそんな感じで宇宙関連の話になって行きつつ、
だんだんお客さんを巻き込んだ話に・・・。
・ホントはタイムトラベルで2010年に来た訳ではなく、
ここは「宇宙船の中に作った2010年の喫茶店という空間」である事が明かされる。
つまり、この喫茶店の外は宇宙船。2500年位の年代、という事実が明かされる。
喫茶店が地下という事で回りの世界が感じられない事や、
マエタケさんの迫真の演技によって、本当に錯覚させられたよこれ。
何ていうか、その辺りを信じ込ませられる程の力があるって本当に凄いと思った。
もう完全に目の前の展開に呑み込まれてた。
・そして、満月さんの事も判明。
満月さん本人ではなく、お付きの犬型ロボットだ!という衝撃の事実。
ホログラムでそう見せているだけ。
・ついでに言うとウチら観客もホログラム(笑)
・この時キャプテンサンシャインは・・・っと、いつ判明したんだっけかな、
実際はこのキャプテンサンシャインは満月さんのご子孫様(←様はデフォ)である事が判明。
そして、本名は「日向 ウメ」らしい。まんまやん(笑)!!
というのも、満月さんは将来小説家になってお祖母さんの事を書いたと。
そこで、それにお祖父さんはお祖母さんの「うめ」に惚れた、とあったので
その味を確かめたくてこの空間を作ったと。
でも実際は、「うめ」じゃなかったらしい。
何と口癖。食べた物に対して「うめぇ~」とよく言っていたらしく、
その時の笑顔に祖父さんは惚れたそうな。そんなオチもバラしつつ。
・で、そうそうその時ウメさんは観客を指して「ホログラム」と言って回っていたw
・そんで、満月さんに見えている犬型ロボット「ルナ」(この作品名前が多い!)は、
一旦リセットしなければならない。そしてそのスイッチが・・・うん、まあ女性の特徴的な所ですw
まあそれは結構早めに狙われてたんだけどね・・・
そのおかげで「キャプテン 痴漢シャイン」とか言われてた。
てかスイッチ、何でそんな所にw
・で、結局それは惜しい所で押されずに終わってしまった・・・はず。
で、その後フリーズしてしまう。
(フリーズすると一年この空間に閉じ込められてしまうのでリセットしたかったらしい)
そん時のこずえさんの「私が犬型ロボットな―ん――て―――」
と止まってしまう時の演技が凄かった・・・いきなり無機物になった感じ。うおおゾクリ。
・で、残されたウメさんというかマエタケさんが今の心境っぽい曲を披露。
これ、ギター弾きながら歌ってたんだけどどんだけ多才なんだ!!
そしてあの声量と安定感おかしい!何かもうこの時点で色んなものが入り混じって
頭ふわふわだったので若干ぼーっとしながら聞いてた状態だったのが悔しいが、
とりあえずマジで上手い。すっげえええええ!!!
・で、結局止まったまま(歌の最中も直立不動ですよ)動かないルナ。
「皆、一年間宜しくね」というオチ?が付いて終了。

ずらずらと書いたけどこれ、かいつまんでなんだよな・・・。
いや本当、観に行って良かった!と思った。
結局ちょっと切ないエンドだったのがアレだけども、もうほんっとう衝撃受けまくったね。
特に声の出し方とか、生で聞けたのは貴重だった。
そうか・・・ちゃんとした練習とか基礎が出来てればあんなに出るものなのか・・・。
うん、がんばろ、と思った。

で、最後にお二人とちょっと会話と握手させて頂いて(これも凄え)帰り。
こずえさん超美人だったやべえ。ハグさせて頂きたかっ(自重)
マエタケさんはあの格好なのに格好良いとか(笑)
本当に好青年な感じだったうわーこの人が太子とかロイドさんとか想像付かんw

ともかくマエタケさんとこずえさん、お疲れ様でした!有難うございました!!
2010/12/16(Thu)00:23
イベント情報・レポ等トラックバック(0)コメント(0)
<<七色のねっこねこにしてやんよ! │ HOME │ 挿絵のお手伝いしました>>
  管理者以外には内緒です

http://jotoya.blog24.fc2.com/tb.php/1182-74952775
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。