■カテゴリ
■最新の記事
■最新のコメント
■最新のトラックバック
■月別アーカイブ
 スポンサーサイト  /--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│trackbacks(-)│comments(-)
 「みとせのりこ~唱歌と冬の音~きさらぎ月の会」行って来ました  /2012年02月22日(水)
はい。原稿やってなきゃいけない時期なんすけど、一旦忘れて楽しんで来ました。

だってみとせさんの生歌が聞ける機会だよ・・・!?
去年初めて東方でライブを体験して2回目はmilktubのライブで盛り上がって、
3回目の今回はまた随分雰囲気違う感じだけども、本当にどれも楽しかった!!
どれも、来てる人を楽しませようとしてくれてるのが伝わって来た。

とかまとめて振り返ってないで、今回のみとせさんライブの簡易感想をば。
ライブってか本当、雰囲気的にはコンサート。
だけどもお客さんも巻き込んでる所はライブ。
という不思議な空間でした。
★えー、まず、みとせのりこさんについて。
自分はまあ、あれだ、美少女ゲーム好きですから!ERG好きですから!
そしてERG音楽大好きですから!!
という事で、そこから知ったクチ。
もちろん活動の幅はそれだけじゃないですけど。
最近だとアルトネリコとか?っすかね?
ヨーロッパ民族系の曲とかすっごい合ってると思う。
でも和風系とかも凄く合ってると思う。
まあ、和風も民族と言えば民族曲になるか・・・。
ともかく個人的に凄く好きなんだ―――!
霜月はるかさんや志方あきこさんがよく引き合いに出されるけど、実にそんな感じ。
それぞれ違った特徴持ってらっしゃるけど。皆さん良い。
志方さんはなかなか手を出せてないんだけど・・・知ったのが遅かったのもあるが・・・。

★ええとそんな訳で。
ご本人のサイト等からいくつか視聴出来るので聞いてみると分かると思うが、可愛いと綺麗が合わさった感じ。
そして「水晶硝子の声」と評される位に透き通って凛とした声。
ご本人が冬をお好きで、雪の結晶をご自身のサイトに
モチーフとして使ってらっしゃるけど、物凄くピッタリ来る。
冬、寒さは自分には厳しいけど、雰囲気は凄く好きなんだよな。
冬の夜とか、しんとしてて張り詰めてるけど澄んだ空気を感じられるのが良い。

★凄く話が逸れた。
そして前置きが長い。
まあそんな訳で!その歌声が好きだったんだが、
ごくごく最近サイトとかついったとかを知った次第で、
今更感半端ないけども、これは行きたい!と強行して来た訳だ。
結論としては、本当に行って良かった・・・!!!

「渋谷公園通りクラシックス」での公演。
出演は敬称略で
みとせのりこ(ボーカル)
太田光宏(ギター)
木村林太郎(ハープ)
鶴田萌子(ピアノ)

・・・音楽詳しくないので担当が合ってるのか不安だけれども。


★とりあえず、会場の入り口は本当に普通に行ったら分からないであろう所にw
そして列整理、前日にみとせさん自らされてたってのを聞いてたので
ちょっと注意してみてたんだが、
出て来たのがあまりに可愛らしい感じの人だったので
「・・・え?この人・・・じゃないよな?スタッフさんかな?」
と思ってたんだが、うん、ご本人でした。ビックリした。

★ちなみに客層は本当、幅広かった。
男女比も同じ位かなと感じた。
わりとお年を召した方もいらっしゃったし、小学生位の子もいたし。
こんだけの年代に愛されるって凄いと思う。

★そしてついったで呟いたが、特等席に陣取りました。
具体的に言うと、真ん中に通路があって左右に席とちょこちょこテーブルが、
っていう配置で、自分は1列目の通路を挟んだ右側に。
ド真ん前もいい所。
や、だって1人用だったしちょっと待ってたけど誰も座らないから・・・!
あと、チャンスがあるなら乗ってみる、という事で。
まあ正直、衝撃強すぎた気はするけどもね!
ただただ圧倒された・・・物凄く素晴らしかったので良いんだけど!!


★という訳でセトリ(セットリスト)を頂いたので
それを写しながら感想をちょこちょこ。
後ろは出典。CDの名前か、関連する作品だったりを。
間違ってたらごめんなさい!あと、1つは分からなかった・・・。


◆第一部
1.メリーさんの羊~アルプス一万尺~【カタン<第二集>】
2.月の沙漠【カタン<第二集>】
3.黒猫のタンゴ【カタン<第二集>】
4.月下美人【Phill】
5.Centifolia【Centifolia-Noriko Mitose Art Works Best-)】
6.朧月夜【カタン-cotton-】
7.櫻幻燈【地獄歌占】
8.サンメリーダの子守唄【カタン<第二集>】
9.Winter,fire and snow【?】
10.椎葉の春節【「ZABADAK」の曲より】
11.まほろばの旋律【ゲーム「まほろばStories」より】
12.NAMARIE【ヨルオトヒョウホン(夜音標本)】

◆第二部
1.大きな古時計【カタン-cotton-】
2.花の季節【カタン-cotton-】
3.冬の棺【とらのあな「Winter Mix Vol.5」より】
4.雪のおどり~さくら【カタン-cotton-】
5.とおりゃんせ【カタン<第二集>】
6.鬼さんこちら【Coloured Water】
7.キツネツキ【yorlga(ヨルガ)】
8.唄は語り継がれる【唄は語り継がれる】

En.1.夢路より【カタン<第二集>】
En.2.早春賦【ヨルオトヒョウホン(夜音標本)】

-------------------------------------------
以下、それぞれ簡易感想。番号は累計で。

1.メリーさんの羊~アルプス一万尺~
カタン(唱歌アルバム)の中では凄く明るい曲。
「~」は、「か~ら~の~」と脳内で読む。
アマゾン辺りで視聴出来るが、もう、すっごい可愛くて可愛くて!
視聴では聞けない「へいっ」が脳髄直撃した。
生で見ると余計に可愛すぎて笑うしかなかった・・・。
やーばーいー!!!初っ端からテンション上がりまくり。

2.月の沙漠
昼の部に参加したので、出演者的には昼にふさわしく
明るい曲を選曲したつもりがあまりストックがなかったという話w
しかしここで鳥肌立ちまくりでちょっと体が追いつかなかった。
高音の響きと声量がありえない!!
本当に総毛立ちな感じで心臓に悪かった。良い意味で。(どういう事だ)
そして確実に、未来が無い感じのアレンジw

3.黒猫のタンゴ
これはテンポは早めなのでそんなに暗めではないね。
てかこれも本当に可愛かった・・・最後の「にゃぁ」とかどうしようかと。
原曲も好きなので楽しく聞けたー!
ノレる曲好き!

4.月下美人
ここからはピアノの鶴田さんとの2人でだったかな?
これは聞いた事がなかったのだが、凄く美しくて切なくて、また聞きたいと思った!
ので帰りにCD買って来た!(そんな行動は迅速)
ピアノの戦慄がまた美しい・・・!!
さらりと難しそうな事やってらしたし!
いや、意外と簡単つーても慣れてらっしゃるからだと思・・・!

5.Centifolia
これまた美しい曲。
ベストアルバムの書き下ろし。
ピアノと歌声の相乗効果が凄まじい。
凄く静かに始まるけど段々盛り上がっていって
サビの部分の入り方に鳥肌。(またか)
いえ、鳥肌率は全体的に大変高かったですよ。ええ。

6.朧月夜
ここからギターの太田さんのターン。
鶴田さんがヨーロッパ系なら太田さんは和系との事。
まずは小学校で習うであろう朧月夜。懐かしい。
しかしこれに限らず、みとせさんが歌う唱歌はレベルが違う・・・。
口ずさめるような唄でなくなるというか・・・違った唄になる。
本当に癒された・・・。

7.櫻幻燈
これは地獄少女のイメージで作った曲らしい。
またこれも好みな・・・!
ゆったりして、春の美しさが表現されてるというか。
下手しなくても睡眠導入歌。そして癒され歌。
凄く良い夢が見られそう。ぐう。

8.サンメリーダの子守唄
ここからハープの木村さんのターン。
これ、ブラックジャック関連の曲なのを初めて知った。
普通にどこかの国の唱歌だと思ってたよ。
あとこれを収録した時のエピソードが切ない・・・。
何ですかその鎮魂歌みたいなタイミング・・・。
個人的には凄く好きな曲調で、
またハープの綺麗で物悲しい感じが合いすぎてだな・・・!
みとせさんと木村さんのハモリも綺麗すぎる!

9.Winter,fire and snow
これは出典分からなかったんだけど、洋楽か・・・?
ぼく英語分からないよ。
ただ、これもまた美しかったのは覚えている。
ていうかみとせさんの歌声が素敵すぎて何歌っても良いのが困る。
冬とか雪とか題名になってるだけあってみとせさんのイメージぴったり。

10.椎葉の春節
これはZABADAKの曲だったんやね。
雰囲気的には櫻幻燈に近い感じか。
ゆったりと和なテイストで美しい旋律。
正直ね、この辺あまりに心地良い音楽だったので詳しく覚えてないんだよ。
このまま寝られるわーと思った。アルファ波出まくり。

11.まほろばの旋律
この曲はゲームのEDとの事。
昼の部で、お子様同伴可だったので・・・という事で、
未来に希望を持てるような歌を、と選曲されたらしい。
けども、みとせさん・木村さんとも暗い曲が好きなお二人なので
「素直に育ってない自分が演っていいんですかねえ」とかおっしゃってたw
「だからこそ分かる大切さがある!」とみとせさんが説得されてたけども。
曲自体はオルゴールとか合いそうな。
子守唄的な・・・って、だからこの辺マジで癒し空間すぎたんだってば!

12.NAMARIE
癒し歌連続すぎる。
指輪物語より、と付いているように、作中で出て来る歌、らしい。
(読んでなくて詳しくない・・・申し訳ない・・・)
ヨーロッパの民族音楽的な感じで、これもまた歌声が凄く合っている。
そして、本当もう居心地が良すぎて意識がどっかに飛ばされそうだった。
なんて危険なライブ・・・!!

と、いった所で第一部終了。
一旦ゆる~く休憩を取って、第二部へ。


◆第二部

第二部始まり・・・の前に、
みとせさんのムチャぶりで木村さんが即興ソロw
木村さんの声は凄く落ち着いた感じで耳に入りやすい。
ハープの音色と共に楽しませて頂きました。
しかし曲名を忘れてしまった・・・くっ。
で、ノリで会場が「みとせさーん」コールをして待機メンバー登場w

13.大きな古時計
さて、第二部はフルメンバーでの構成。
まずは誰でも知ってるであろう大きな古時計。
この曲も好きだったんだよな・・・幼稚園で歌って、子供心に切なさが好きだった。
唱歌ってわりとシビアというか、リアルな所あるよね。
そしてどっちかというとそういう系が好きなのである。
曲調的に明るいのってヒットする率が低い自分。
そんな事はどうでもよく、
これをみとせさんが歌うと本気で弔いソングになるw
自ら「人死にソングの女王」っておっしゃってる通り、
そういう曲が本当にすっごいガッチリはまってるんだよなあ。
声質的に賛美歌とか合いそうだもんなあ・・・。
自分も召されそうでした。

14.花の季節
あ、これ小学校で習った曲。
サビの辺りが好きだった!その前のタメの所も含めて。
ノリやすい曲調で、ライライライ・・・の辺りは皆も一緒に歌おう的な。
ああいう一体感いい!ライブの醍醐味。
ここで温まった会場、さて次は・・・!(続く)

15.冬の棺
(続き)・・・また死んでる曲でした(笑)
とらのあなの、冬の曲を集めたアルバムより。
これは前日に検索してちょっと聞いてみてて、
おお、良い曲だなーと思ってたんだが、
生で聞いた時の衝撃が酷かった!!
サビの導入部分の総毛立ちっぷりがもう!
何なんだあの声量と声の伸びっぷり!!
てか言葉では言い表せない要素が・・・凄く、色々込めてある感じがした。
あれは実際その場で聞かないと分からない。
この曲に限らず、静かめに始まってどんどん盛り上げて、
サビの部分で最高潮になるってのが多かったように思う。
面白いように鳥肌立ちまくったわ・・・。
一番「ヤバい!!!」と思ったのはこれかも知れない。
心臓に悪い的な意味で。いや良いんだけど通り越して悪いというか。

16.雪のおどり~さくら
この2曲は続けて。・・・だったんだろう、たぶん。(覚えてないのか)
雪のおどりも好きな曲なんだけど、これがまた・・・!
てか、ライブバージョンが格好良すぎた!
終盤の盛り上がりが・・・!!
「雪のおどりってこんな凄え曲だったっけ!?」
と思わざるを得なかった・・・。
で、さくら。
こちらは純粋に美しい曲として。
静かとか明るめの曲の感想が少なめなのは聞き惚れてるんです。
だって美しいとしか言いようがない!!

17.とおりゃんせ
そしてまたしても格好良い唱歌。
アルバムでは幻想的でいて、和風ホラーな感じもしたアレンジだったけども、
ライブでは格好良さがよりプラスされていた。
ヤバいこのアレンジ好きすぎる・・・!!
と思いながら聞いていた。
「一応ノレる曲・・・だよね?」と疑問符を付けながら紹介してたけども、
ノレるし格好良かったー!!
そして、続けて次の曲に。

18.鬼さんこちら
これも前日にちょろっと聞いていてまた好みな感じだったんだけども、
とおりゃんせ、か~ら~の~、っていうような繋ぎ方凄く良かった!
そしてめっちゃノリが良い!!
曲が速いノリの良さじゃなく、弾むような感じ。
こういう、体動かしたくなるような曲大好き!
CD売ってたら欲しかったんだが見当たらなかったので、
帰ってから注文した。(だからそんな行動は迅速すぎるだろ)

19.キツネツキ
ヨルガで特に好きな曲の1つ。
自分で歌ってみると凄く変調的でムズいけどな!
この世界と異界の混ざり合ったような不思議な雰囲気。
手拍子ムズかったけども楽しかった!
そしてやっぱ高音が凄く綺麗・・・!!
終盤でも衰えを知らない喉・・・どうなってるんだろう・・・。
てかその後にも公演とかありえんしな、そもそも。
自分だったら確実に喉潰れてる。使い方が悪いんかな・・・。

20.唄は語り継がれる
またしても前日に(略)
戦BAのMADで聞いたんだが、ぼろぼろ泣いてしまって
「これ歌われたら泣きそう・・・」
と思ってたら、ガチで泣いてしまったっていう。
一応堪えようとはしてたんだけど、
中盤辺りから決壊した。無理無理無理!!!
歌詞もそうだけど、何だろう、
高音が本当、声っていうか何か別のものみたいで、
ともかく直接心にくらった感じでね・・・。
真ん前でどうしようどうしようと思いながらも
流れるままに聴き続けていた。
これを目の前で聴けたのは幸運すぎた・・・。
いや、幸運っていうのも何ていうか違うけども、
えーとえーと言葉に出来ない。
ともかく聴いた人なら分かると思うこの感覚!


★で、ここで皆さん退場。
とはいえ、アンコールタイムでもある。
てか、会場の人達、上品というか雰囲気的なのか、
声は出さずに手拍子でアンコールをしててちょっとビックリした。
そうかこんなやり方が・・・。

★で、しばらくしてライブ特製Tシャツを来た4人が登場。
なるほどここで着たか!!
そして、以下、お礼という事で。
今が春に向かう季節なので、明るい未来を予兆させるような曲をば。

En.1.夢路より
アンコールの曲はまたリラックスタイムというか、
整理体操じゃないけど、ゆったりと聞き惚れタイム。
本当幸せだなあと噛み締めつつ、最後の曲へ。

En.2.早春賦
おわああめっちゃ高いーなのに綺麗ー!
早春賦ってこんな高音だっけ・・・?と疑問を抱く位だけども、
とにかく美しいので良し!
最後に癒されて、本当に終了と相成りました。

-------------------------------------------

・・・はあ。
今思い出しても夢のような時間だった・・・。
てか、ここまで凄いとは・・・。
本気で皆に勧めたい。
興味が少しでもあったなら行って損はない!!!
てか本当にまた行きたい!!!
次は5月位を予定とな・・・原稿頑張ろう。頑張って行けるようにしよう。

今回2日で3回公演されたのだが、全部に参加してる方もいたようで、
でもこれは確かに何回でも聴きたくなるわ、と思った。
唄は勿論の事、「ライブ」が本当に好きなんだなーと伝わって来た。
本当に楽しそうに歌ってらっしゃったもんな・・・。
帰りにちょっと差し入れさせてもらって、握手もさせて頂いたぜ!!
少しお話も出来たぜ!感激だったわ・・・。
あんなに凄い歌を歌われるのにフレンドリーだし、
アットホームなライブで物凄く楽しかった!!
自分はみとせさんファンなのでそういう感想が多くなってしまうけど、
勿論楽器の3人も素晴らしかったですよ!
自分が演奏する側になった事がないので凄さがちゃんと分からないだけで・・・。
本当、相乗効果凄かった・・・!!
楽器3つと声1つなのにあれだけ膨らみを持たせた演奏が出来る、
心を惹きつけられる、って凄い事だと思う。
やはり、プロとか本物に会うって物凄く刺激になるというか、
意識が変わるというか、とにかく良い変化をもたらすと思う。
経験出来るならしといた方がいい。

いやしかし、ほんっと―――に良いライブでした!!!
自分がボキャ貧で上手く伝える事が出来ないのが悔しいけども・・・!
願わくば再びまみえる事を!

えっ、文章長えよって?
自分にとっては簡易感想です!!!

そしておまけのみとせさんうろ覚え落描き。
みとせさん
2012/02/22(Wed)01:11
音楽・映像・東方・同人等トラックバック(0)コメント(2)
<<エイフール終了のお知らせ │ HOME │ マテパ絵茶第3弾>>
よたくさん、本当に歌が好きなんだなあという感じがしましたね。
他に見てる限りでも石鹸屋とかサンホラとか電波ソング(笑)とか。
自分も音楽好きなんですがBGM主体だったりしますからね。
聴いてて情景が浮かぶような曲が好きというか。
この手のライブは機会があったら行ってみたいですねー。JAM Projectとか。
>2/22レス
好きですよ!
中学では音楽部(合唱メイン)でしたし!
自分は人が好きなのかなあという気が最近して来ました。
歌詞とか歌声が好きなんですよね。
もちろん曲も好みとか色々ありますけど、話や伝えたい事が見えるのが特に好きな気がします。
とりあえずプロはやっぱり凄かったです。また行きたいうずうず。
2012/02/25 23:03 │ よたく行幸 #4DOcPobI[ 編集]
  管理者以外には内緒です

http://jotoya.blog24.fc2.com/tb.php/1202-86d3d63f
 │ 日記TOP │ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。